映画

【映画】「ルパン三世」の主要キャラクター設定について

モンキー・パンチさんの追悼放送に伴い、ルパン三世の主要キャラクターについて調べてみることにしました。

ルパン三世(20代後半くらい)

 
 
シリーズの着想は怪盗アルセーヌ・ルパン(フランスのモーリス・ルブランの小説の主人公)ですが、作中はアルセーヌ・ルパンの孫として描かれています。モンキー・パンチさん曰く007のジェームズ・ボンドがモデルとなっているそうです。”女好きで長髪のキャラクター”の予定でしたが、漫画の締め切りに追われて描きやすい短髪になったとのこと。
 
 
初代映画007主演ショーンコネリー.jpg
画像引用元:yahoo知恵袋 ショーン・コネリー
 
 
1962~1967年に公開された映画でジェームズ・ボンドを演じたショーン・コネリーさん。ルパンの連載は1967年から始まっているので、映画のボンドを反映しているとしたらこの方がモデルになっている可能性が高いです。
 
 

次元大介(ルパンより少し年上)

ジェームズコバーン.JPG
画像引用元:wikipedia
 
 
映画『荒野の七人』のジェームズ・コバーンがモデルだそうです。名前の由来は「次元が違う」といった「次元」という言葉が好きだからという理由。毎日新聞では「”事件大好き”のもじり」とも述べていたそうです。次元といえば回転式銃である S&W M19 コンバット・マグナムを愛用しており、射撃の名手とされています。しかし、荒野の七人のジェームズ・コバーン演じるブリットはナイフ投げの達人です。そしてブリットは最終的に銃弾に倒れてしまう役柄です。
 
 
荒野の七人より.JPG
画像引用元:Yahoo!ブログ

 

役柄からの設定で似ているのは寡黙でクールな性格や、死ぬ間際まで戦う姿勢を崩さない芯のある男だというところ。ルパンとは幼馴染であり、再会を機に行動を共にするようになりました。

 

石川五ェ門(ルパンとだいたい同じ年)

 
 
袴姿は司馬遼太郎の原作ドラマ『燃えよ剣』での沖田総司がモデル。名前の由来である石川五右衛門の第13代の末裔とされています。石川五右衛門は安土桃山時代に実在したとされる盗賊のかしら。実際は彼の親族全員が処刑されてしまっているため末裔は実在しないとされています。
 
 
石川石川 五右衛門_安土桃山時代の盗賊の首長.jpg
画像引用元:wikipedia
 
 
五ェ門の誕生秘話が面白いです。モンキー・パンチさんがアメリカのコンペに出かけサインを頼まれました。サービスでルパン三世の顔も付け加えたのですが、”日本の漫画なのに東洋感がない”と落胆させてしまったそうです。帰国するとすぐに日本をイメージするキャラクターを付け加えました。そうして生まれたのが五ェ門であったということです。
 
 
そもそもモンキー・パンチさんはアメリカンコミックの影響をうけて漫画を描いてきました。「007」という洋画からヒントを得ていることからも、海外のものに関心があったことは間違いないでしょう。しかし、現地の人の指摘に応えようと、主要な登場人物を描き足したのです。設定を切り崩して対応する柔軟性がすてきですよね。
 
 

峰不二子(ルパンより3~4歳年下)

 
 
007より「ボンドガール」の立ち位置にある不二子ちゃん。映画の007のようにルパンはプレイボーイであるため、毎回登場する女性を変える予定だったそうです。しかし、何度も新たな女性を描くのが面倒なので”全部不二子ちゃん”になってしまいました。結果的に峰不二子というキャラクターが幸運だったことがわかりますね。
 
 
名前の由来はモンキー・パンチさんの目の前にあったカレンダーから取ったのだとか。「富嶽三十六景」のカレンダーに”霊峰(れいほう)不二”とあったことから子を付けたし、峰不二子となりました。霊峰は神が宿る山を指し、不二はたった一つの(二つとしてない)富士を意味しています。素敵な名前を付けてもらったのですね。
 
 
 

銭形幸一[警部](ルパンより3~4歳年上)

 
 
 
「とっつぁん」と呼ばれているからもう少し年上かと思っていた人もいるはず。作者のお気に入りのキャラクターで、名前の由来は自身の故郷である北海道のゼニガタアザラシ銭形平次から取ったと公言されています。銭形平次は私的に雇われた岡っ引き(犯罪人の捜査・逮捕に従事した者で現在の警察官)です。小説家である野村胡堂『銭形平次 捕物控』が原作です。
 
 
 
 
画像は1966~1984年に放送されていた大川橋蔵主演のテレビ時代劇のものです。時代劇ということもあり、スーツ姿の銭形警部とは印象が違いますね。毎回ルパンを追いかけ回す銭形ですが、大好きだった「トムとジェリー」の設定を用いたとのこと。なんだかホッコリしますね 笑
トムとジェリー
 

トムとジェリー(Tom and Jerry) – Jerry And Jumbo(日本語吹き替え)

 
ルパンは「かっこ良くなくてはならない」という信念を持ち描き続けてきたモンキー・パンチさん。これから先もシリーズを温かく見守ってくれることでしょう。