日記

なんでもない日|クリームパンのクリームに届かなかったひとくち目

今日の出来事

こんにちは。

 

みなさんにも、平凡すぎて笑えない瞬間ってありますか。こころのなかではツッコんでいるけど声にならない虚しさみたいな…。

 

私は今朝、簡単にクリームパンを食べたい気分だったの。ぎゅうぎゅうに詰まったクリームを想像しながら、大きなひとくち目をいったの。

 

そしたらこれよ。

 

クリームパンのクリームに届かなかった一口目

 

いや、全然クリームないじゃーーーん。「かなしいとき~♪」って一瞬頭で流れたわ。

 

「ひとくちが大きい」とかそういうのはいいの。クリームどこ?

 

それでふたくち目いったの。

 

まだ辿りつかないわけ。もうこれ片思いよね。

 

結局クリームの配置はこうだったわけ。

クリームパンのクリームの配置

衝撃の中心ゼログラム!!

 

私が反対側から食べたのが悪かったかな。じれったいクリームパンでした(笑)