映画

【映画】新海誠監督 最新作『天気の子』7月19日公開

映画『天気の子』予報
 
 
「あの光の中に、行ってみたかった」
高1の夏。離島から家出し、東京にやってきた帆高。
ようやく見つけた仕事は、怪しげなオカルト雑誌のライター業だった。
連日降り続ける雨。
雑踏ひしめく都会の片隅で、帆高は不思議な能力をもつ少女・陽菜に出会う。
「ねぇ、今から晴れるよ」
少しずつ雨が止み、美しく光り出す街並み。
それは祈るだけで、空を晴れに出来る力だった――
引用元:『天気の子』公式サイト
 
 
海外でも支持されている新海監督の最新アニメーション映画の公開日が発表されました。7月19日は学生たちがちょうど夏休みに入る頃です。そのようなタイミングで公開するということは、今回の作品にかける意気込みが感じられますね。
 
 
 
新海監督の作品は、色彩による心理描写が巧みです。喜びを感じれば暖かい光が差し込み、悲しければ冷たい雨が降ります。イラストであることを忘れて”そのイラストの中の世界を肌で感じ”ストーリーをセリフで紡ぎます。そんな繊細な表現が評価されています。
 
 
以前の作品は湿っぽさ(心理的ネガティブさ)が強くありました。『言の葉の庭』では主人公たちの葛藤が大粒の雨となり降り注ぎました。
 
 
 
 
しかし、『君の名は。』では「もっと多くの人に見てもらうため」にポジティブな要素を多く取り入れ進化したように感じました。新海監督の作品は”内側にあった閉ざされた世界”から大きく足を踏み出して飛躍したように思います。
 
 
最新作『天気の子』の主人公となる少年・少女をどのように描くのか。公開が今からとっても楽しみな作品です!公式サイトものぞきに行ってみてください。
 
 
 
映画公開日の前日7月18日(木)には角川文庫から「小説 天気の子」が発売されるようです。多角的に新海監督作品を楽しむことができそうですね!