ドラマ

【緊急取調室】第三話「私が騙しました」感想

 
 
仮想通貨取引を意のままに操り、“5億稼ぐ女”と呼ばれるカリスマトレーダー・宝城理沙(筧美和子)が、自宅マンションで殺された。死因は頭部をアタッシュケースで強打されたことによる脳挫傷。
事件現場の状況から、金が絡んだ顔見知りによる犯行だとにらんだ捜査一課の刑事・監物大二郎(鈴木浩介)と渡辺鉄次(速水もこみち)は、さっそく同じマンションに住む第一発見者・平井かすみ(仙道敦子)を逮捕する。というのも、かすみは理沙に仮想通貨専用の口座を開設させ、裏で自分が売買取引を実行。そう…何を隠そう、“5億稼ぐ女”の正体は理沙ではなく、かすみだったのだ!
引用元:テレ朝動画
 
 
第三話はいろんな社会問題が絡んできた回でしたね。正直整理しながら追いついていくのが大変でした。伏線多すぎ!笑 第二話同様、序盤から”大元となる事件のあらすじ”が見えている状況でした。
 
 
第二話と大きく違っていたのは、多角的に容疑者として固めていく過程において“現代的な内容”が盛り込まれていたことです。何を考えているかわからない女を相手にするというのは骨が折れますね。
 
 

 
 
以下に挙げる事柄が絡み合っていてですね…。捜査は結局一歩一歩なんですね。
 
 
・幼いころは食べ物に困り生活が苦しかった
・職を転々としていた
・トレーダーとして仮想通貨で5億稼ぐようになった
・母は認知症で施設に入っている
・年の離れた男性と結婚したが旦那は結婚してすぐ他界
・メディア用に被害者を雇って本を出版
・殺された被害者は結婚詐欺をしていた
 
 
あまりにもサラッと次に切り替わったけど鉄次(速水もこみち)ナイス!「もつなべコンビ」好きですよ!
 
 

第四話も期待してます!!