ドラマ

【緊急取調室】第四話「私が誘拐しました」感想

 
View this post on Instagram

緊急取調室 【公式】さん(@exkintori)がシェアした投稿

 
女子高校生連続殺人事件の被疑者として、無職の男・樫村荘介(今井悠貴)が逮捕された。その直後、捜査班は樫村の車から、2日前の夜に失踪した女子高校生・福永真希(若林薫)の携帯電話を発見。しかも、防犯カメラで樫村の足取りを追ったところ、真希を尾行する様子が映っていた…!
過去の被害者は水や食料を与えられずに監禁され、数日後に衰弱死していたことから、真希も同じ目に遭っている可能性が高い。その場合、類推できる状況下での生存可能時間は、残りたったの30時間…! 一刻も早く監禁場所を突き止め、救出する必要がある。大至急、樫村の口を割らせるため、取り調べは真壁有希子(天海祐希)ら「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」に一任されることに。
引用元:テレ朝動画
 
 
本来警察では救出までのタイムカウントはしていないはずですよね?でもタイムリミットが設定されたことで緊迫感が出ていました。犯人が逮捕されて一段落ついたところから話が展開していきます。新たな被害者の可能性が浮上し、残り1日と6時間で助け出さないと命が危ないが手がかりとなるのは容疑者の供述だけでした。
 
 
いきなり余談なんですが、この犯人役の今井悠貴さんどこかで見たことあるなと思ったら「直撃!シンソウ坂上」西鉄バスジャック事件の再現ドラマで犯人役をやっていらっしゃいました!絶対これ見てました!また犯人役…目力があって印象的だから頭に残っていたのだと思います。また、塚地武雅さんとは「西郷どん」で共演されていたようでこのようなツイートを発見しました!
 
 

仕える立場だった塚地さんが刑事として追い込む側になったことを投稿されていますね!樫村荘介は精神的なショックから引きこもりになり、事件を起こしたものだと見られていました。
 
家族の関係性が歪であることから樫村の姉にも事情を聴くことに。カットの構図が不安定で、あまり話したくない内容を聞かれてるんだろうなと暗に伝わってきました。姉役の松本まりかさん。誰かに似てると思っていたら壇蜜さんだと気づきました 笑
 
 

暴力団関係の刑事だったため粗暴な行動も多い刑事が菱本進(でんでん)です。この事件にイライラが隠せない様子。個人的感情を押し殺して取り調べるって大変なことです…。
 

今回の一押し「普通のやり方じゃおちねぇよ」の場面。普通じゃないやり方って…。正当な取り調べでないと刑事部長様が黙っていませんよね。大倉孝二さん演じる磐城和久の「いや、いや、いや、イヤー!!」はお決まりになっちゃってますね!
 
 
被害者を救出するために夜を徹して案を練る刑事たち。そこにはカフェインの力が見え隠れしています。お互いに差し入れるコーヒーや机の上に並ぶ栄養ドリンクに気づきましたでしょうか。刑事達はみんなお疲れってことですね。最終的には真壁刑事が落としてくれると信じながら見ているのですが、内容がいつもより重ためのストーリーに感じました。一般人が起こした設定だったからこそ、背景を想像してしまったからかもしれません。
 
予告を見ると次回も何だかその気配が。…お楽しみに!